voxyさんと往く!

過去記事の写真が消えてます。ちょっとずつ復旧させていきまーす

2019ショアブリ遠征に行ってきました②

 

こんばんはー。

今日は札幌もずっと雷雨でしたね。

こんな日にロッド立てたら命がいくつあっても足りません。

 

 

 

さて①の続きです。

 

初めての魅力ある磯場に胸を膨らませて駐車場に戻ってきました。

今日は久しぶりの車中泊

ここの駐車場はきれいなトイレもあり、電波が届いておりテレビが見れるのもうれしいポイント。

 

 

さて食糧調達しましょう。

ここまでの道中にコンビニはなかったですね。

調べると7キロ先に乙部町がありコンビニが3軒連なっているようです。

 

岬ふもとも街になっているんですがここにコンビニ一軒でも移転してくれたら最高ですね!

 

セイコマさんで買い込んでまたまた鮪ノ岬駐車場に戻りましょう。

 

腹ごしらえをして仮眠をとりますが・・・。

なかなか寝付けないですね。

釣り人あるあるですが遠足の前のように興奮して寝付けません。

 

それでもウトウト・・・。

f:id:wao6565:20200705224805j:plain

 

 乙部町静かな町でいいですね。とても気に入りました)

 

2時ごろに眠たい目をこすって起きるとすでに駐車場には車が2台。

そのうち一組はすでに磯場に行っているようです。

 

昨日の見立てでは岬先端の平盤には6から7名くらいで満員。

詰めれば8名ほど入れるかな。

 

先端でなくていいなら両際から20名くらい入れますが両脇は一気に浅くなり魅力は半減。先端は高さがない平盤でタモ要らずの好環境。

 

見た感じだと右側先端が魅力に見えたので私もさっさと行きましょう。

 

暗い中歩いていきますがここは森から国道を挟んで隔離されている?ので熊とかは心配ないと思います(たぶん)

 

釣り場にはヘッドランプが2個。

右側が空いてる!!

 

挨拶して入れさせてもらいました。

明るくなるまでヒラメを狙うも安定のバイトなし。

昨日はソイが釣れましたがあんまり根魚は豊富ではないのかも。

 

小さいガヤがかかってきましたが深く探ると根掛かり。

 

f:id:wao6565:20200705225641j:plain

 

 

さあ!明るくなってきましたよ!

青物狙い始めましょう!

 

ちょうどジグが届く100メートル先に潮目ができています。

 

さあ青物!

かかってこい!!

 

・・・

・・

あれれ?

 

こない・・・。

f:id:wao6565:20200705225704j:plain

 

潮目もなくなり・・・

 

あらら?

朝マズメのいい時間に地元のおじ様たちがたくさん襲来。

 「あちゃー平日なのに混んでんなー」と。

 

話してみるととても気さくなおじさまたち。

その中に若い方もいていろいろと情報を教えてくれました。

(もしブログ見てたらその節は大変ありがとうございました。)

 

ちょっとここに情報を載せると地元の方々に迷惑がかかるので伏せますが・・・・

乙部町・・最高です!!笑・・・・また来ます!!

 

 

・・・・・・

 

それにしても釣れません。

f:id:wao6565:20200705225732j:plain

 

もうみんなで集まって座談会。

地元の人たちはエントリーが楽だから毎日のように来てるんですね。

ほとんど顔見知りのよう。うらやましいなぁー。

 

そして乙部町の方々みんな親切!

 

 

 

そして乙部町のおじさまたちの釣り方がちょっと特徴的。

 

かるくちょい投げして

着底させ

斜め上にギャーとロングジャーク

戻してリールを巻き巻き。

そしてフォールさせず

斜めロングジャーク

巻き巻きの繰り返し。

 

ほう。この釣り方が釣れるのか・・・。

乙部町ジャークと勝手に名付けよう。

 

 

乙部町ジャークをまねしてやってみるとふむふむ・・・。

これは体力の消耗が少ないな。

 

ワンピッチジャークを30分続けるとヘロヘロになるけどこれなら結構できそう。

 

ワンピッチジャークと乙部ジャークを混ぜながら探っていると。

 

ガツンッ!!

 

わわわ

 

これはやばいやつだ!!

 

 

キツメにしていたドラグからジイイーとラインが出されます。

 

ロッドを立ててポンピングしようとした瞬間

 

フッとライン切れ!

 

え!

 

・・・そもそも今のあたりだったのかな?

見ると結束のすぐ上でPEラインが切れています。

 

ジャーク中にガツンと来たから根掛かりだった・・・?

あまりに突然で判断できず。

 

 

ググッとロッドが数段階で絞り込まれた感覚は残っているので

デカい魚だったと思う。

 

隣のおじさまは「今のあたりはデカいブリだったんじゃーねーの?」 と。

やーPE2号に変えたばっかなんだけどね。とぼやくと。

 

「2号・・・?ダメダメ3号以上じゃないと」

「ここで掛かるなら7,8キロクラスだ。リーダーも30ポンド以上じゃないと」

 

私がこれまで釣ってきたブリは一番大きくて70センチ届かないサイズ。

大きさも3キロから4キロ?

 

正確に言えばワラササイズでブリとは言えないサイズ。

 

f:id:wao6565:20200705225811j:plain

 

(かけたジグはジグパラロングの50g、新品のほう持っていかれました笑)

 

 

これらをPE1.5 リーダーも20ポンドで問題なく釣ってましたからね。

今回青物遠征ということで2号にしたけど・・・

 んー今のはブリなのか・・・確信が持てん!!

 

 

 そして・・・

回遊が回ってきたのか一番左側で釣っていた方にヒット!!

この方とはお昼の休憩中に駐車場で情報交換した装備が本格派でぱっと見、ガチタックルと言われる装備をしていたナイスガイ。

 

あのお兄さんなら期待できる・・・!!

 

お兄さんも必死の形相でロッドを引き上げるがなんてたってブリが浮いてこない!!

 

ジジジ・・・ジジジーーーーと

ドラグからラインが引き出されていきます。

 

 

がんばれーがんばれー!!

みんな釣れないもんだから磯場の一体感ったらなかった!

 

 

 

 

お!見えてきたぞ

 

で、でかい!!1メートルあるんじゃない!!!??

 

な、なにあれ!!!!

 

おーブリだ!!とおじさまたちが歓声を上げます。

 

 

海面まであと5メートルのところまで魚体がうっすら見え抵抗を繰り返します。

 

 

ここからが一進一退。

 

巻けばそのぶんブリは潜っていきます。

お兄さんの「ガチ」タックル ロッドはフルベンド状態・・・!!

 

こうなればブリの体力を奪うしかない!

空気を吸わせたいんだけどそこまで持ってけない・・!!

なんてパワーなんだ!!

 

フッ・・・・

ああーという溜息が・・・。

 

お兄さん全力を尽くしたんですけどね。

格闘の結果、結局結束部分からすっぽ抜けてゲットならず。

 

あのお兄さんの装備ですら獲れないのか・・・!

聞くとラインは3号、リーダーも40ポンドはありそうな太いの使ってました。

 

この時期にかかるブリは全部ではありませんがデカいのが多いそう・・・。

 

10キロはなかったかもしれないけど、7、8キロはあったと思うし、

そのサイズになればもうドラグで勝負とかの問題じゃなくて、私の装備でははなから勝負にならないかも。

(私はジグキャスターMX96MH  ストラディックSW5000XGを装備)

f:id:wao6565:20200705225836j:plain

 

 

やはりさっきのあたりはブリだったのかなーーー!!

獲れないまでももう少しファイトしたかったーー!!

f:id:wao6565:20200705225902j:plain

 

そのあとみんなで頑張るも結局は誰も掛けることはできず。

 

一人一人いなくなり・・・

小雨もふり出し・・・・。

最後地元のおにいちゃんと2人きりで頑張り続けるも結局かからず。

 

ジグを変えようとロッドを差し込みジグを付け替えていると

ブブブブという音が・・。

 

なんだ?

ん?

 

ロッドから音がしている?

触るとバチッと放電が!!

 

f:id:wao6565:20200705225932j:plain

振り返ると地元のお兄さんも異変に気付いたようです。

「投げたらバチバチいうわー。もうあがったほうがいいわー!」

 

雷が来る・・・!!

逃げよう!!

 

うーーんこれから夕マズメ。

もうちょっとしたいけど命には代えられません。

 

次回は弟①さんもつれてリベンジしよう。

 

f:id:wao6565:20200705230004j:plain

 

駐車場につくと雷雨が。

 

うーーん一日いっぱいしてたけどもうちょっとやりたかった!!

 

 

結局今回の遠征では青物に出会えませんでした。

そしてガチタックルの意義もよくわかりましたね。

あと必殺乙部町ジャークも笑

 

地震と同じくマグニチュード6と7は全然違うようにブリも7キロ周辺を超えると

想像を超える捕り物になるんですねー(たとえが変ですね)

 

10キロクラスならどうなんだべか・・・

 

 

うーーん青物面白い!!

 

まあ近年のショアブリ不調から言ってガチタックルは揃えられないけど

精一杯工夫してまたリベンジしてみたいと思います。

 

ということで遠征は青物ゲットならずも素敵な釣り場と良い考察ができた釣行になりました。

 

リベンジいけるかなー???

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村