voxyさんと往く!

過去記事の写真が消えてます。ちょっとずつ復旧させていきまーす

西積丹にてショアブリの夢を追う(2019年6月)

2019年6月を迎えました。

 

 

サクラを追いかけた春から初夏へ。

待ち遠しかったこの季節がやってきました。

 

 

ショアブリの情報が少しずつですが上がってきましたね。

 

思い返せば2017年はショアブリ当たり年。

私も初めての青物の魅力に憑りつかれ、毎週のように地磯に通い続けました。

 

シーバスロッドでの釣行にも限界も感じ、少ないお小遣いと奥様のプレゼントで

最低限のショアジギタックルを揃え迎えた2018年。

 

全くというほど青物は入ってこず。

積丹難度最高峰の磯で何とかフクラギ集団に出会えたというさみしい結果でした。

 

 

そしてついに2019年。

今年はどうなんでしょうか・・・?

今からたのしみですね。

 

 

さあ記念すべき初陣!

やはり行くならば最高峰で最高の結果を出したい!!

と弟①さんとこの間画策しておりました。

 

ほんとはコノシロさんもつれて行きたかったんですけどね。

彼は受験を控えた大切な体。

次の機会に行けることを楽しみにしましょう。

 

そして一応釣り友の面々に最高峰へ行くよー!!と声をかけるも

「医師から行くなと止められた」

「筋肉の調子が上向かない」

などなどなかなかの拒絶っぷり笑

 

確かに私も行くまでは相当ビビってましたからね。気持ちはわかります。

 

 

今回は飲み会帰りの弟①さんを拉致して積丹最高峰まで行ってまいりました。

道中はこれからくる青物に思いを馳せあっというまに現地到着します!!

 

さてさて・・・。

胸を高ぶらせたジギンガー達が駐車場でフックを研いでいることでしょう・・・。

f:id:wao6565:20200705232342j:plain

 

って駐車場だれもいなーい!!

うそー!!

 

しかし駐車場から岬のほうを見ると途中の出岬の一等地にはヘッドランプのような明かりが・・。

 

あれ・・先行者いるね・・?

でもくるまないけど・・。

 

ここに来るまでは歩いてこれるような場所ではなく。

駐車場はここしかないはずですが・・・。

 

風もほぼ無風で波もなし。

なんだか生暖かい風がそよそよ・・・。

ちょっと鳥肌。

 

 

・・・ごくり。

やっぱ霊場だしね・・・。

絶対夜は一人ではいかない!

 

 

0時の段階で駐車場に誰もいず。

不安になりながらも準備をしているとその後来るわ来るわの大盛況で歩き始めた0時半ごろには7台ほど車が入ってきていました。

 

さ。これから約50分の激磯歩き。

安全第一で頑張りましょう。

 

真っ暗い激磯をひーこら言いながら歩きボスの要塞のような岩場のふもとにようやくたどり着きました。

 

真っ暗で見えないけどこの要塞を超えたところに楽園が待っている!!

f:id:wao6565:20200705232415j:plain

 

f:id:wao6565:20200705232445j:plain

岩から岩へ。

崖から崖へ。

 

弟①さんの通ったルートをトレースしながら一つずつ。

 

彼のようにぴょんぴょん岩から岩へは飛び移れないから着実にゆっくりと。

 

 

f:id:wao6565:20200705232508j:plain

 

 

この崖も写真でみたら大したことないけど・・

 

f:id:wao6565:20200705232820j:plain

 

 

落ちたら怪我じゃ済みません。

死んでしまう。

 

釣り仲間たちが医者に止められるのもうなずける笑

 

悪戦苦闘しながら50分。

 

ついたー!!

f:id:wao6565:20200705232846j:plain

 

まあついたころは真っ暗闇でしたけど。

ほんと星空がきれいでした。

 

でも真っ暗い沖合100メートルのところに小さい漁船が一隻・・。

なんだかこそこそしているかんじ。

 

密漁?

〇朝鮮の工作船

 

なんだかさっきのライトの光といい単独釣行はいろいろな意味で怖いかもですね。

まだお会いしたことはありませんがブログつながりのRYO3さんはここへ単独釣行されるとか。(落石、滑落、心霊、工作員等々気を付けてくださいね)

 

暗いうちは釣りせず明るくなるのを待っていましたが、少しずつアングラーが崖を超えて集結してきました。

笑顔の素敵なおじさまが「となりでいいですか」と声をかけてきたので

どーぞどーぞと。

 

このおじさまバカでかいソイをこの後2匹かけていました。

すごいな。只ものではないな。

連れの方はこれまたデカいアメマスをゲット。

ぶら下げたの見たら60センチくらいのアメマス!!

(どうやらお持ち帰りされたみたいですがこれがまた後々騒動に笑)

 

私たちはお魚がかからず。

んーどうしてだろう。

 

さて明るくなってきました!

60グラムのジグをぶん投げしゃくりますが青物の反応なし!

 

今日は2本体制でブリとヒラメを狙いますよ。

f:id:wao6565:20200705232911j:plain

 

 

それではとヒラメを意識したボトム周辺を狙うと速攻根掛かり!

これがなかなか難しい!

f:id:wao6565:20200705232933j:plain

 

 でもさすが最高峰の磯場ですね。

深く、根もあり雰囲気はある・・。

 

ただ肝心のお魚がいないのか。腕が悪いのか。

潮の流れもそんなに感じず。

ちょっと波もないのでぺたーんとした感じ。

 

あちゃー厳しいかな。

 

 

それでも6時ごろ小規模ながらナブラが出現しみんなでナブラ狙うもヒットせず。

 

その後はアブラコも2匹ほど。

f:id:wao6565:20200705233004j:plain

 

 

んーこりゃ青物いないな。

 

ヒラメ狙いにしよう。

 

目いっぱい遠投して・・

しゃくってしゃくってフォーール・・。

 

しゃくってしゃくってカーブフォール・・・

 

 

くりかえしくりかえし。

 

 

そして突然ピックアップ寸前のジグに・・

 

ゴフッ!!

 

で、デカいぞ!!

 

おお。ドラグでる!!

 

なんだなんだ?

 

横にもにげるぞ!!

もしかして青物かもーー!?

 

ゆっくりとゆらっと魚体が水面に・・。

 

青物じゃないな・・。

 

やっぱりひらめだー!!

これはにがしたくない!!

ショアジギロッドなので抜きあげてしまおう。

 

よいしょー!!

f:id:wao6565:20200705233026j:plain

 

  

f:id:wao6565:20200705233044j:plain

 

 ついに50オーバーのヒラメゲット!

素直にうれしい!!

 

これくらいが一番おいしいっていうし!!

良いお土産ができました。

 

 

VOXYさん釣っちゃったんでもう魚はいません」

あ。またそのジンクス発動?

 

弟①さんは本日絶不調。

根がかり地獄で途中でふて寝。

 

起きたら振り続けてる私を見て「やはり無駄に体力ありますね」と。

うるさい!!笑

 

さ。帰りましょう。

帰り道足がガクガクなりましたけどなんとか駐車場へ。

弟①さんいろいろフォローありがとう。

ついでに先に釣ってごめん笑。

 

駐車場で帰ってくるアングラーさん達と情報交換しましたが、青物はまだまだショアからは厳しいようです 。

 

でも今日も1本出たみたいですしと。

なんだか遠目に1本ぶら下げている人がいてみんなでついに揚がったと話ししてたとか。

 

 

それ・・もしかして隣に入った人のアメマスじゃない・・?

アメマスだったんですかー!!残念ーと( ´∀` )

 

ということで今日は最高峰では青物揚がっておりませんでした!!

 

2019年青物ははいってくるでしょうか?

 

今後に期待しましょう!!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村