voxyさんと往く!

札幌在住voxyです。青物、サクラマス・アメマス・ヒラメ・ホッケを追いかけていきます。あとはいろいろ雑記を備忘録的に。

海サクラマス63センチ島牧で捕獲!!第11弾(2018年4月)

 

こんばんは。

 

前回第10弾②へ続くなんて書いて放置してました。

だって結果が出なかったんだもの。

 

備忘録なので記録には残しておきますがそりゃ哀れなもんでした。

ただ新しい釣りお友達もできたくらいにしていいこともあったんですよ。

 

さて、第10弾②は前回コメントくれたNORIMAKIさんが釣り場を探している模様。第10弾①の場所をお勧めするとたまたま私が行く日程とぶつかっていることが判明。

 

それなら一緒にやりましょーって盛り上がり現地で待ち合わせ。

 

翌日、某積丹磯場でご対面しました。

NORIMAKIさん素敵なナイスガイ!

これからも一緒に釣り行きましょうね。

次は青物企画でご一緒できるかな?

 

二人で撃てども撃てどもアタリなし。

それでもNORIMAKIさんは跳ねを確認。

でも二人して頑張りましたけどダメでした。

 

そのあと古平周りで釣りマッチョさんautoさんと合流して頑張るもダメダメ。

なんとautoさんと再度積丹まで戻り朝と同じところで夕マズメ頑張るも大撃沈。

(autoさん賭けに負けました・・・ごめんなさい・・・。)

 

結局この日は10時間くらい振ってましたねー・・・・。

そりゃ10時間も振ればサクラの1匹くらい釣れると思うじゃないですか。

この間ミノーに手ごたえを感じていたし、前回実際かかったし(ばれたけど)

 

まあ、今回は捕獲大作戦②は残念賞。

 

んで。

悔しいじゃないですか。

釣り仲間内では積丹サクラマス絶滅したんじゃないか疑惑まで浮上。

 

かくなる上は聖地島牧で単独リベンジを企画。

禁断の平日釣行ですからねー。

奥様にもあまりの釣れなさに逆に釣れたら処理がめんどくさいわなんて言われる始末。

 

よし見返したるわ!!

出陣!!

島牧泊川左岸方面。(もうちょいで河口規制ですね)

凪で風もなくのぺーとした海面・・・・。んーまずいぞ。

 

かなり濁ってるんじゃないかと思いましたが濁りはそうでもなく。

気合を入れて18番方面にてくてく歩きながら回遊を待ちます。

 

アングラーさんに声かけて情報収集しますがイマイチとのこと。

今年は海サクラ当たり年っていうけど、いうほど皆さん釣ってないんですよね。

 

私で言えば去年の今頃ですでに6匹ほど(全部で7匹だっけか)釣ってましたからね。

今年は小桜2本だけと寂しい釣果です。

 

みんな釣れないときは魚がいないってことで納得だけど、釣る人は釣ってるし

やはりこうなると腕の差なのか・・・いいポイントを知ってるかの問題か・・・。

 

いいところまで歩いて2時間ほど粘りましたがポイント変えた方がいいでしょう。

ちょっと前から気になっていた磯ポイントへ移動!

お。ベイトも確認。

なかなか良さげじゃないかな。この場所釣り友にも共有しよっと。

 

根は点在しており、ジグを沈めると高確率で根がかり。

浮き根・高根もあり、海の色を見てルアーのトレース方向を工夫します。

 

潮の流れがこうで・・・・。風がこうで・・・・。

あそこに落として根回りを回遊するベイトになったつもりで・・・。

 

 

やー磯楽しい!!

こういうの大好き!!

 

烈波120で攻めてましたが深みもあるのでもうちょい潜った方がよさそう。

 

烈風140ブラックヘッドにチェンジ!

 120よりも30センチくらい潜る感じ!

上から見るといい感じで潜ってくる!

根がかりリスクは高まるもこれはチャレンジするべきリスクでしょう。

実際に泳がせてみて・・この磯にベストな感じがする!!期待大!!

 

思い返せば釣り始めたころに、ある釣りブロガーさん(モアシルダを教えてくれたブログ)の烈波シリーズの紹介で「基本烈波を通して魚が出なかったらそこに魚はいません」というブログ主のコメントがあり、それはある意味私にとって衝撃でした。

 

そして魚が出るまで(回遊するまで)我慢して待ち続けることにちょっと耐性がついたのもいろいろな情報を自分で整理して、どれだけそれを信じて振り続けれるかだと思うんですよ。

 

この時もずっと「基本通してかからなければ、そこにはいません」とぶつぶつ反芻しながら振り続けていました。

 

そして烈風140の銀色のシルエットのあとにグオーっと迫る何かを確認。

心臓がギュッ・・。

 

 

いた・・・・。

 

「基本通してかからなれば、そこにはいません」・・・キャストー

 

チェイスなし

 

「基本通してかからなければ、そこにはいません」・・キャストー

 

14時の方向でモジリあり・・・。

 

「基本通してかからなければ、そこにはいません」・・14時方向にキャストー

 

 

バッコーン!!

まさしくイメージした通りのアタリ!

 

しかもアタリは超ド級

青物までは行きませんが、かかったのはきっととんでもない魚ということはわかる!

 

慎重に大胆にドラグを調整しファイトします。

心臓にバーッと血液が送り込まれ、ドーパミンがドバドバでて痺れるファイトになりました。

 

至高の数分間でしょうか。

潜ろうとするサクラマスをいなし、距離を少しずつ縮めます。

 

今回は幸運にも私の勝ちでした。

島牧海サクラマス63センチ。でかいし!重い!!

 

ブログを書いてみる気になった初めての海サクラマス55センチを超える63センチの海サクラマス

わわわ。釣れちゃったよ。

 

 

ぶっちゃけ嬉しいですが・・・ようやく会えてほっとしたというべきか。

釣り上げてしばらく放心状態でした。

その後2匹目は出てこず。朝マズメギリギリのヒットだったんだな。

やっぱり海サクラは朝マズメなんですねー。

 

ということで第11弾でめでたくビックワン捕獲成功となりました。

 

ほっとした後は狂喜乱舞して毒ライン送りまくりで人騒がせしました。

だってうれしかったんだもの。

 

 

これでようやく次行けるぞ!!

次はホッケかな?そして海サクラもまだまだシーズン継続中!

 

 

さあ次はどうしようかな!!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村