voxyさんと往く!

札幌在住voxyです。青物、サクラマス・アメマス・ヒラメ・ホッケを追いかけていきます。あとはいろいろ雑記を備忘録的に。

2019年抱卵ホッケを探す旅(2019年11月)

お久しぶりです。

 

10月アキアジ以来の更新ですか

 

またまた新しい釣りを始めたんですが夜の釣りなので

写真撮ってもよく撮れず。

釣果も微妙なのでブログは更新しておりませんでした。

 

 

そうなんですよ

ついにエギングに手を出してしまい

仕事帰りに釣りをするという、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。

 

あれよあれよと道具が欲しくなり、やっすいエギングロッド(月下美人無印)と

やっすいリール(ダイワレブロス2004)を買ってマメイカヤリイカを狙って

夜な夜な小樽余市古平を徘徊した10月~11月でした。

イカはバター醤油で焼いてほぼ食べきり程度の釣果でした)

 

あとは10月につったアキアジのトバが大成功!

はじめての挑戦だったから1本分だけやってみたんだけど

めんつゆで味付けたから色は黒くなったけど食味は抜群でした

こんなにうまくいくなら来年はすべてトバにしよう。

 

さ、そんなこんなで11月中盤

そろそろ抱卵ホッケがいいんじゃないのー!?

 

昨年は12月にはいって爆釣したけどすべて卵は入っていず。

抱卵ホッケはまだ釣ったことがありません。

 

今週末は天気もいいし、夜中はイカ釣り、朝マズメ抱卵ホッケの欲張り釣行を企画。

 

 

久しぶりにモンさんとまっつんさんも参戦予定。

弟①さんも合流しグループ初期メンバーで日本海某所へ行ってまいりました。

 

 

私は前日夕方から現地入り。

目的地に行くまでの道すがらホッケの浮き釣り場もちらっと見てみましょうか。

 

平日夕マズメでも駐車場にはそれなりに車が。

こりゃ週末朝マズメは人だかりがすごいことが予想されますね。

 

上から見てみるとホッケ浮き釣り師が10本ほど揚げているのが確認できます。

 

おおーどうやらホッケは寄ってきている情報は間違いないようですね!

これは期待!!

 

さて目的地の漁港到着。

こちらはもう間もなく陽が落ちるので車も少ない状況。

突堤先端方面に人が4~5名ほど。

ちょっと様子を伺いに行ってみよう。

 

ちょうど途中帰ってくるやさしそうなお顔をした2人組に声をかけると

「まじ入れ食いです。半端ないっす」とのこと!!

 

先端でご夫婦で釣りをしている人に声かけたらクーラー見ていいよとのことで拝見。

クーラーからほっけが溢れてる!!しかもなかなかのサイズ!!

 

奥様が「やーこんな釣れたの初めてだー楽しいー」と感激しながら釣りしてて

見ててほんわかしましたねー。

釣り新聞の記者さんも来られご夫婦で取材攻勢かけられてました。

(ご夫婦に罪はありませんが来週この場所激混みが確定となりました笑)

 

ご夫婦はサビキでホッケを量産。

しかもサビキを切って3針程度にしているよう。

6針もあるとライントラブルの元だもんね。

よしいただき。明日の朝マズメに備えサビキを加工しとこう。

 

すぐ暗くなり、イカの部を始めますが特になにもなく笑

仲間もそろった午前1時

 

朝マズメの場所選定会議。

①夕方爆釣した階段下か

②1等地と言われる本当の先端部か

年長者が決めるという謎のルールで迷いに迷いながら私が②を選択しました。

(結局この判断が明暗を分けました)

 

さて朝マズメ。

明るくなってから撒き餌を撒き始めると半端ないガヤが海中を漂っています。

ガヤの活性が半端ない!

浮きを流すとすぐガヤが食いつくためホッケがこちらに寄ってきません。

そもそもほっけは寄ってくるのか不安になります。

昨夜仕込んだ3本サビキもガヤが全素針にかかる始末。(これはこれで楽しいが)

 

左となりにはご夫婦と小学5年生の子供がメタルジグでホッケを量産!

(ちなみにこのご家族が本日のトップ賞でしょう。すさまじかった!)

 

どうやらこれは浮きとサビキはガヤにやられるパターンのようです。

 

バッカンの中には万が一の撃投ジグ30が3本あったはず

仲間に提供しライトジギングに換装しなおします。

 

男MONさんは「ここは浮きで釣るのが男ですよ」と浮き釣りロマンを継続。

後半手前で釣ったホッケは俺の撒き餌のおかげだ!と毒気を出していましたが笑

 

メタルジグでのジギングは楽しかった!

40近いホッケがワンキャストワンヒットの勢いでしたからね

 

ガヤで苦戦するMONさんにまっつんさんが「やーフォールでも、スイミングでも食ってくるなーチラッ」「お。なかなかの引きですよチラッ」と挑発しあう仲良しぶりも垣間見れ、弟①さんは正味1時間でホッケを大量に釣り上げ後半は遊んでるし・・・。

 

それでもMONさんは浮きでも釣るんですよね。たいしたもんだ。

40近いホッケとなるとなかなかの重量っぷり。マックスは45センチ

お隣は48センチを超える大物も!

 

食べきれる数だけ釣って終了。

それでも正味2時間で4人で100匹くらいですか

 

ジグの着水と同時にヒットとかありましたし

半分以上が抱卵ホッケでございました。

 

痛恨の根掛かりでジグがなくなり、強制終了となり昨日の爆釣ポイントを

覗いたら釣れていないわけではないがぽつぽつといったところ。

 

やはりガヤの猛攻で浮き・サビキは苦戦のようです。

単純に昨日爆釣したとこが爆釣するとは限らないことが多かったので

昨日は人がいなかった先端部にかけた夜中の判断は間違ってなかった。

良かったー(ホッ)

 

しっかし本日は最高の天気でいい海況でしたねー

これからホッケを釣りに行く人は浮きだけでなく

メタルジグも持っていくといいかもしれませんよ。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村